理念・医師略歴

理念

特定の診療科にとらわれず、苦しんでいる方がいたら手を差し伸べたい。それが私の理想とするプライマリケア(初期診療)です。「何科にかかったらよいか分からないが、体の具合が悪い」という場合も、これまでの家庭医としての経験を基に、重大な疾病が隠れていないか等に気を配り、治癒への道しるべを示していけたらと思います。
病気になる前の「未病」の段階で疲れた体を癒すためにどうすればいいかというご相談から、重い症状の場合の高次医療機関との連携に至るまで、幅広くお役に立ちたいと考えています。

「手当て」という言葉の語源は、患部にそっと手を当てたことに由来するとも言われていますが、適切な手当てによって苦痛を緩和し、皆様が笑顔で過ごせるようお手伝いをしたいと考えています。このため、患者様のご希望に応じた丁寧な処置ができるよう、少しゆったりした処置室を用意しました。

同じ疾病でも、患者様の年齢や生活環境、人生観によって、その疾病とどのように向き合い、どのような治療を希望されるかが異なることがあります。このようなQOL(Quality Of Life)に関わるご希望やご意向を踏まえた上で、共に病気と向き合い、病気と闘っていきたいと考えています。
そのため、まずは患者様のお話をよく伺い、それに則した最適な治療の流れを考えた上で、丁寧な説明を行い、ご納得いただいた上で診療を進めていければと思います。


医師略歴

1995年 3月
東京女子医科大学 医学部 卒業
4月
東京女子医科大学病院
一般内科・循環器内科・糖尿病内科・呼吸器内科・神経内科・血液内科・腎臓内科・
小児科・救命救急等に携わる
1997年 4月
太田熱海病院 内科 勤務
内科領域にて、主に頭痛・めまい、生活習慣病の診療等に携わる
1999年11月
あさかの杜クリニック
総合的な家庭医として、
内科、リハビリテーション科、小児科、皮膚科等の診療に携わる
2011年 2月
千年ファミリークリニック 院長
  • 理念
  • 医師略歴
内科 小児科 皮膚科 頭痛・めまい・不眠症 点滴・注射治療 予防接種